本当に儲かる投資
知りたくないですか?

1年で価値が13倍に!!


何に投資したらいいの?

  • 昨今投資で儲かってる話が出ていますが、
    正直何に投資したらいいか分からなくないですか?

    特に最近仮想通貨での投資が盛り上がっていますが、
    仮想通貨って本当に投資して大丈夫なの?

    正直言って、かなりリスクの高い投資になると思います。
  • 昨今投資で儲かってる話が出ていますが、
    正直何に投資したらいいか分からなくないですか?

    特に最近仮想通貨での投資が盛り上がっていますが、
    仮想通貨って本当に投資して大丈夫なの?

    正直言って、かなりリスクの高い投資になると思います。

仮想通貨のリスク

取引所の流出事故
日本だけでも既に4度の流出事故が起きており、
一番最近だと7月にニュースになった、仮想通貨交換所「BITPoint」から
約35億円分の仮想通貨が流出した事故がありました。

取引所で流出が起きているのに、安全だと言えますか?
個人の紛失
イギリスでは、1億ドル相当のビットコインをハードディスクごと捨てて紛失した男性がいます。
男性は現在も捜索を続けていますが、見つけ出すのはほぼ不可能でしょう。

このように仮想通貨は紛失した場合、100%個人の責任になります。

実際にアメリカの仮想通貨調査会社のレポートでは、
ビットコイン総量のうち最大22%が永久消滅の可能性を示しています。
現金化出来ない
仮想通貨で多いケースがこれです。
有名なところだと、アラブの石油国が原油の取引がする為に出来たと言われていた『ディールコイン』。

これは全くの詐欺でしたが、
あなたが購入するものが詐欺でないという保証はどこにあるでしょうか?
価格の乱高下
ビットコインは、一時200万円を超える価格を付けるなどしていましたが、40万円を割る時期もありました。

これだけ価値が変動するものを、
どのタイミングで買えば利益が出せるか見極められる人はどのくらいいるのでしょうか?
価格の乱高下
ビットコインは、一時200万円を超える価格を付けるなどしていましたが、40万円を割る時期もありました。

これだけ価値が変動するものを、
どのタイミングで買えば利益が出せるか見極められる人はどのくらいいるのでしょうか?

じゃあ結局何に投資をしたらいいの。。。

それはズバリ『RINO』です。

RINOは、2018年6月に立ちあがった金融サービスです。
香港にあるRINO PLUS社がリリースしたサービスで、位置づけは『デジタル通貨』で、仮想通貨とは違います。

仮想通貨とはどう違うの?

RINOは、ブロックチェーンや暗号技術を使っていません。

また、仮想通貨と違い資本を運用している保険会社によって価値が保証されています。

RINOの魅力

価値の上昇
RINOは、2018年6月のリリース時の1RINO:1ドルから、
2019年6月の段階で1RINO:13ドルまで価値が上昇しています。

株などと比較すると、急激な価値の上昇をしていることが分かります。
価値の保証
RINOは最低保証額が決まっており、それ以下に下がることはないというかつてない特性を持っています。

具体的に言うと、2019年6月の段階で1RINO:13ドルまで上がった価値は、保険会社によって価値が保証され、価値がそれ以下になることはありません。
売買
RINOは市場で売買が可能です。
市場での売買は、保険会社が価値を保証された金額以上での取引が義務とされており、
一般的な保険と違い、満期を待たず、自分の好きなタイミングで売ることが出来ます。
売買
RINOは市場で売買が可能です。
市場での売買は、保険会社が価値を保証された金額以上での取引が義務とされており、
一般的な保険と違い、満期を待たず、自分の好きなタイミングで売ることが出来ます。

購入者の声

RINOは当然現金化出来るサービスなので、
実際に1RINOが1ドルのタイミングで購入された方は、
10ドルに上がったタイミングで売却され、3,000万円ほど利益を確定し、現金化されたと聞いています。

他にも、数百万単位で利益を出されている方は沢山います。

RINO詳細について

RINOの詳細を知りたい方は、下記のフォームまたは、LIENからご連絡下さい。
登録解除をご希望の方はこちら